独立時代

アクセスカウンタ

zoom RSS オーケストラの醍醐味は指揮者が作り出すグルーヴにある

<<   作成日時 : 2013/04/01 04:15   >>

トラックバック 2 / コメント 0

土曜日は用事があって行けなくなった父の代理で小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクトUの公演に行った。

小澤氏は若手演奏家育成のためのセミナーを京都の半導体メーカー、ロームの支援によって開催していて、公演はその集大成になる。

経済不況の煽りで多くの企業メセナが縮小する中でローム・ミュージック・ファウンデーションは若手音楽家の積極的な支援に取り組んでおり、その中から若手女性指揮者の三ツ橋敬子さんのような方が出てきたことは非常に意義のあるだと思う。小澤氏のセミナーも著名な音楽家を招いて指揮者や演奏家の指導をしている。以前はオペラを題材にしていたけれど、近年は交響曲を題材にしており、交響曲の指導の方が小澤氏に合っているように思える。

今回指揮をしたのは若手指揮者の垣内悠希さんで、小澤氏も受賞した若手指揮者の登竜門・ブザンソン国際コンクールで優勝経験もある。ヴァイオリンはまだ20代前半の三浦文彰さんで16歳でハノーファー国際ヴァイオリン・コンクールで優勝している。最初の演目はヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53で、ドヴォルザークの美しいメロディは桜が咲く春の季節にピッタリである。

2曲目は「のだめカンタービレ」ですっかり有名になったベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 作品92で、ベートーヴェンの交響曲はこれまで何度もオーケストラで聴いたことがあるけれど、音の重層感が全然違い、やはり交響曲の父と呼ばれるだけあるとつくづく思った。

坂本龍一がNHK教育テレビの「スコラ」でオーケストラに関する興味深い講義をしていたが、もし私がクラシック初心者の人にオーケストラの魅力は何かと聞かれたら「グルーヴ」だと答えるだろう。多種多様な楽器がそれぞれ共鳴し合いながら多層な音を構築していくのだが、それを引っ張っていくリーダー(指揮者)によって同じ楽譜の曲が全く異なってくる。そのグルーヴ感こそがオーケストラの醍醐味である。特にベートーヴェン:交響曲 第7番に関してはカルロス・クライバーの指揮によるものは正にグルーヴと呼ぶにふさわしいエキサイティングな演奏であり、同じ演目を色々な指揮者で聴く楽しみというのも、どういうグルーブで演奏されるのかを感じることができるからだ。またカルロス・クライバーは指揮のアクションそのものが観ていて楽しい。

ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)
Orfeo d'or
2010-08-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


当初は演奏の後で小澤征爾氏が登場して話をする予定だったのだが、今回は予定になかったベートーヴェンの「エグムンド」の序曲を指揮した。氏ははじめに若いオーケストラの中にたたずんでいたのだが、その周囲には明らかに音楽というのが取り巻いていた。そしてタクトを持たないまま指揮台に上がったのだが、そこには気負いというのはまったくないのだが、指先の細やかな動きなど一挙一投足で若い演奏家たちに自分の持っている全てを若い音楽家に継承しようとする強い意志が如実に感じられ、そこで奏でられた音の素晴らしさに身も心も震えた。正に言葉などなくても、音楽だけで小澤氏の思想がヒシヒシと伝わってくる。

本当に素晴らしい指揮者というのはどんな楽団とも見事にグルーヴできる。偶然にしてこの瞬間に立ち会えた幸運を感謝している。身体の方が心配だが、小澤氏のプロジェクトから何が胎動するのか楽しみだし、ロームという会社の企業メセナへの取り組みにも着目していこうと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン 店舗
オーケストラの醍醐味は指揮者が作り出すグルーヴにある 独立時代/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/05 18:12
プラダ トート
オーケストラの醍醐味は指揮者が作り出すグルーヴにある 独立時代/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/06 11:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーケストラの醍醐味は指揮者が作り出すグルーヴにある 独立時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる