まさか女子に抜かれるなんて思いもしなかった―釜本邦茂のコメントより 女子サッカーの快進撃

以前FCバルセロナがUEFAチャンピオンズリーグで優勝した時に、サッカーはバルセロナを中心に回っていると書いたが、最近とみにサッカーの中心はバルセロナだとつくづく思ったのは、アルゼンチンの親善試合を観た時にふと「アルゼンチンにはシャビがいないんだ」と思ったからである。昨年のW杯のアルゼンチンVS韓国戦を前にした記者会見でマラドーナ監督が「韓国は手ごわいが、韓国にはメッシがいない」と言っていたのだが、逆にアルゼンチンにはテベス、アグエロ、イグアインなど優れたフォワードはいるし、メッシも鋭いパスでアシストはするが、シャビのように中盤を支配して状況に応じてキラーパスを出す選手がいないとコパ・アメリカでもW杯の二の舞になりかねないと少し不安に思った。

日本男子サッカーのU-17の快進撃に対して「このチームはバルセロナのようだ」と言われ、さらに日本の女子サッカーW杯で日本代表に対しても同じように「日本代表はバルセロナのようだ」と称賛されていたが、「バルセロナのようだ」というのは今や最上級の褒め言葉の決まり文句にすらなっている。

確かに日本女子のサッカーの戦いぶりは天晴れである。堅実な守備、そして前線からプレスしてボールを奪った後での正確なパス回し、そして得点力も含め、その戦いぶりは日本男子よりもバルセロナ的である。特にメキシコ戦での完璧な戦いぶりは素晴らしかったが、彼女たちは世界ランク4位なので当然優勝は狙ってきているから、決勝トーナメント進出はあくまで通過点に過ぎないだろうけれど、戦い方が良いに越したことはない。

澤穂希選手がメキシコ戦でハットトリックを決めて、それまで釜本邦茂が持っていた日本代表歴代最多ゴールの記録を更新した。ちなみに世界ランク1位のスペインの最多ゴールは今も現役のダヴィド・ヴィジャであり、ヴィジャ以前は今も現役のラウール・ゴンサレス。ちなみに通常の世界基準ではオリンピック関係の試合は国際Aマッチの対象外とされているが、釜本の76得点はオリンピックも含めた記録のため、世界基準では三浦知良の56得点を歴代最高としていて、実は釜本は55ゴールであるが、いずれにせよ長いこと釜本の記録は更新されておらず、今、代表になっている選手では岡崎の21ゴールが最多なので、まだまだ日本代表の男子選手による記録は程遠い。

しかし釜本邦茂は昔から俺様である。俺様というのはフォワードにピッタリな性格である。ガンバ監督時代から襟を立てたり、白いマフラーに扇子を扇いでいる様は一見やくざの親分のように見えたりもし、とにかく選手より目立っていた。でも昨年W杯のアルゼンチンのマラドーナ監督もやたらと目立っていたが、小柄で愛僑があって天然のせいかなんかぬいぐるみのようでなぜか憎めなかった。

その釜本が澤によって自分の記録が更新されてしまったことに対するコメントが朝日新聞夕刊に掲載されていたが、これが相変わらずの釜本邦茂らしかった。

本音はあまり気持ちいいものではないが、PKじゃなかったから許そう。
まさか女子に抜かれるとは思っていなかったが
澤が長い間、女子サッカーを引っ張ってきたからこその記録。
よくやったなあと思う。


本音はあまり気持ちのいいものじゃないという言い回しに釜本らしい負けず嫌いな面が出ていて、PKじゃなかったから許そうの「許す」に釜本じゃなければお前は一体何様なのかと思うのだが、しかし俺様・釜本らしく記録を更新されたことへの悔しさを正直に語っていて、きれいごとの発言をしない率直さはある意味いさぎよいと思った。その一方で澤の長い間の貢献を讃えていて、これは自分自身の経験と照らし合わせてもいるのだろうとも思える。

澤はキャプテンでもあるが、ボランチのポジションでの献身的なプレーと運動量でチームを身体で引っ張っている。川原泉の「メイプル戦記」のように野球では女性選手は女子チームはマイナーだが、サッカーでの女子の奮闘ぶりは頼もしい。あわよくば男子より先に優勝、もしくは3位以内に入ってもらいたいなあとは思っている。ただでさえ女性であの広いフィールドを駆け回っているだけでも凄いと思うのだが、くれぐれもケガがなく、ベストな戦いができることを願いたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック