アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「サッカー」のブログ記事

みんなの「サッカー」ブログ

タイトル 日 時
ストレスは日常からのリセットで解放される
ここ数週間仕事における現実を直視するにつけ状況が明らかに悪化し、それが表立って判明できる病巣でもなく、決定権を持つ人間たちは自分たちの利己主義や自分上げばかり考えているので、私の立場でどうにもこうにもできず、最善策は何もしないで静観するしかないというどうしようもない虚無感にかられていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/09 03:15
W杯スペイン初戦大敗の要因
大学時代の後輩にサッカー好きの飲み会に誘われた時にLineに入るように促され、ワールドカップのスペインVSオランダ戦はその人たちとLineでつぶやきながら観戦していたのだが、こんな感じで観戦するスタイルは結構多いと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/14 14:18
後遺症
先日誕生日に旧友から連絡があり、ブログを2ヶ月も更新しないままだったので、非常に多忙ではないかと心配された。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/20 01:01
スター選手のいる意味
スポーツにしても産業にしても何にしても繁栄するものには一般の人々が憧れる対象があると思う。野球に関してはかつて長島茂雄や王貞治がそうだったし、サッカーに関してはキング・カズこと三浦知良がそうだった。中田英寿はすごかったけど、カズがすごいのは中田よりずっと前からプロとしてプレーをしていて、フランスW杯で直前に代表落選しながらも、今も現役でプレーをし続けていて、カズのようになりたいと思ってサッカーをした選手の中にはマンUで活躍した香川がいる。中田英寿のフォロワーはいないけど(それはそれで孤高の存在と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/11 23:06
戦略のないところに勝機はない
昨日の女子サッカーの試合、今日の女子バレーボールの試合、女子卓球の試合、そして男子U-23の試合と全くもって見どころ満載のオリンピック日和である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/08 03:05
ああ、終わっちゃった・・・でも楽しかった―EURO2012
EURO2012はスペインがお家芸のパスサッカーが炸裂し、イタリアを4-0で破った。特にイニエスタからセスクへの絶妙なパス、ゴールラインぎりぎりからセスクが上げたセンタリングに飛び込んだシルバのヘディングシュートは絶妙だった。1ミリズレていたら絶対に決まらなかったほどの精度の高いプレーにシビれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/03 03:25
EURO2012の決勝戦を占うトリビア
南アフリカW杯の後、雑誌で読んだイビチャ・オシムのインタビューにW杯はサッカーの見本市のようなもので、今後のサッカーを占う意味合いがあると言っていた。決勝はスペインVSオランダだったのだが、あの時オランダが勝ったら汚いファウルも含めてなりふり構わぬスタイルが流行っていたのかと思うとゾッとする。しかし幸いにスペインが勝って、前戦からプレスしてボールを奪い、攻撃するパスサッカーが世界のトレンドになり、日本は男女ともによく走り、よく守るスタイルを貫いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/30 05:17
EURO2012のためにWOWOWに再加入したけど、その価値は十分にある
EURO2012を観たいために一度は解約したWOWOWに再加入したのだが、さすがに次の日の仕事のコンディションを考えると全ての試合をリアルタイムで追っかけるわけにはいかないけれど、後で再放送があるのは非常にありがたい。あとはずっと起きているというより早く寝て早く起きるのが健康のためにも良いかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/20 21:03
サッカー好きには悩ましい季節がやってくる
今日放送のアメリカンアイドルのリザルトショーで優勝を争うフィナーレの出場者が判明するにも関わらず、私の関心はもっぱらサッカー、ワールドカップ最終予選の日本VSオマーン戦の方に向いていた。サッカー男子日本代表に関しては本田や長友がケガをしていた2次予選はもどかしかったのだが、この2人が復帰したとたんにみちがえるように動きが良くなった。特に本田圭祐のポジションが自在に動くことで相手を翻弄してマークを引きつけることで、他のプレイヤーのプレーが活かされる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/04 01:46
PKを失敗するのは蹴る勇気のある選手だけだ
ここのところ仕事のプレッシャーなどでサッカーやテレビ番組を見逃すことが多かったのだが、水曜日の朝なぜか父から「テリー退場」の件名の携帯メールが届いた。うちの父はラフプレーをする選手が嫌い。特にジョン・テリーとバロテッリとシュヴァインシュタイガーが嫌いで、その一方で果敢にサイドを突破するロッベンのような選手を好む。父の嫌いなジョン・テリーが露骨なヒザ蹴り(ジョン・テリーはわざとやったのではないと言い張ってはいるが)で退場。そんなことをわざわざメールで知らせてきて、父は私に共感してほしかったのだろう... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/28 01:17
お楽しみはこれからだ―サッカー、テニス、フィギュアスケート
以前ブログをほぼ毎日更新できたのは携帯電話からブログを更新できたので、移動の電車の中など手持ち無沙汰の時に文章を書いておいてメールで送信することでアップデートしたのだが、スマートフォンに機種変更してからというもの、メールでの更新の仕方もよくわからないし、またスマートフォンのキーボードに未だ慣れていなくて、以前よりメールの文章を打つことにすら億劫になってきている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/16 04:28
代表でも松田と中澤のコンビを観てみたかった・・・
松田直樹という選手を表現するとしたら、中田英寿とともに日本サッカーが世界で存在感を発揮し、飛躍つつある時代を代表するセンターバックだった。マリノス時代に名コンビを組んだ遅咲きの中澤とは違い、10代の時からU16などで代表に選出され、アトランタ五輪でブラジルを破った試合に出た時はまだ19歳だった。そして日韓W杯ではトルシエが敷いたフラット3というディフェンスシステムの中心的存在であった。負けん気が強くて大柄でフィジカルも強かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/04 23:10
世界はバルセロナを中心に回っている 2010-2011UEFAチャンピオンズリーグほか
考えてみたらワールドカップ南アフリカ大会が終わってからまだ1年も経っていなかったのだが、既に遠い昔のような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/30 03:21
かつて悲劇の舞台だったカタールで快挙を成し遂げたザック・ジャパンを祝福したい
金曜日は経費の計上やら企画書の作成をしていて、結局この日も外出せずに一日が終わってしまった。結局先週の土曜日から金曜日まで外出したのは2日。ほとんど自宅作業で企画と経理の日々だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/30 07:14
一週間はいつの間に過ぎていく
先週は疲れていたから週末は寝ているかテレビを観ているかどちらかの日々で、ここ3日間一歩も外へ出なかった。それでもアメリカン・ダンス・アイドルやらラグビーやらバレーボールやらをそれなりに観ていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/27 22:26
イングランド・プレミアリーグ
私は父の影響は受けているけれど、父の考えに迎合するつもりはない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/10 06:53
ギリギリ
今日は体調不良だからと思いっきり遅刻した。無理して行こうと思えば遅刻せずに行けたのだが、今日はコンペの書類作成で遅くまで作業するのはわかっていたので無理はしなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/18 02:21
サッカーW杯予選日本VSウズベキスタン戦 アウェイ戦のしのぎ方
イングランドプレミアリーグの展開の早いサッカーを観る度に日本のサッカーとは別のスポーツのようだと感じている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/07 01:42
UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦 美しいサッカーの勝利
今年のサッカーのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦を楽しみにしていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/28 06:49
男子サッカー決勝戦 女子バレーボール決勝戦
スポーツの感動というのはその選手がどの国だろうが、どのような背景で育ったのかは関係なく、単純に見ていて素晴らしいと感じることに他ならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/24 03:17

トップへ | みんなの「サッカー」ブログ

独立時代 サッカーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる